HOME  小樽FCニュース  

応募作品(第5回小樽ショートフィルムセッション)

応募作品(第5回小樽ショートフィルムセッション)

公開日時:2018年02月13日  カテゴリー:小樽FCニュース

応募作品(7作品)の概要を御紹介します。(上映順)

1.記憶(10'00")
制作/北海道情報大学島田ゼミナール10期生(江別市)


「古谷博斗」は交通事故で、ここしばらくの記憶を失った。そこに博斗の彼女を名乗る女性「音無叶夢」が現れる。叶夢の提案で小樽デートをすることになった博斗は、断片的に思い出していき、事故の真相と彼女の隠された真実を知ることになる。

2.幸せのアリカ(9'56")
制作/ここリカ・プロダクション(札幌市)


亀子拓夫はカメラが趣味の男性。小樽で中世風の建物や街並みを撮ろうとしていた。 そこにアリカが現れる。拓夫は、写真を撮りたいと声をかけるが、彼氏とデート旅行の最中だと断られる。 翌日、再びアリカに出会うと、ひどく落ち込んでいる様子だった。

3.sunaie(8'19")
制作/佐々木 惠水(東京都)


銭函に実在するアートスペース『砂家』(スナイエ)を舞台に、進路に悩む女の子の新しい『出会い』と、無限の『可能性』を表現しました。 少女の様々な変化に合わせた音楽・海の音……そして台詞のほとんどない、感覚の世界をご堪能頂ければ、嬉しいです。

4.Luna(8'32")
制作/東海大学 早川ゼミ(札幌市)


「目が覚めると外にいた。ここがどこだか分からない。」雪の中で目を覚ます一人の女性。夢のような小樽の街を彷徨う中、二人の少女と出会う。この子たちは、誰?  小樽の冬の景色を背景に夢と現実が錯綜する。

5.ういてる彼女(6'27")
制作/ひまわり 映画部(札幌市)


平凡な大学生・たけるには世界一素敵な自慢の彼女がいる。 いつも地面から浮いている彼女と、初デートで小樽に行くと足が地面についてしまった。 札幌ではぴったりだったはずの二人の間に、どこか気まずさが流れはじめる。 小樽をめぐる、やさしいラブコメディ。

6.叶街-かないまち-(10'00")
制作/田中 秀(札幌市)


したいことがない、また漠然としている。自分に自信が持てない時に、自分よりちょっと輝いている人に出会うと、人は少しだけ前向きになるのではないか? 似たもの同士が互いの夢を引き出しあう関係を描いた作品。

7.港町素描(9'37")
制作/動空(東京都)


東京の大学生 美津子は小説「古岸の蛍」で有名な小樽の作家、直子のもとをある夢を持って訪れる。 港町小樽を行きかう人々の中に、また幾つかの新しい想いが生まれる。 実写とアニメーションの登場人物が共演し、夢の再生を謳いあげる。

撮影を希望される方

ご協力いただける方