HOME  

審査員紹介(第6回小樽ショートフィルムセッション)

審査員紹介(第6回小樽ショートフィルムセッション)

公開日時:2019年04月15日  カテゴリー:第6回小樽ショートフィルムセッション

審査員長

島田 英二(しまだ えいじ)氏

(映画監督、北海道情報大学 情報メディア学科 准教授、札幌国際短編映画祭フェスティバル・ディレクター)

1976年北海道釧路市生まれ。
北海道大学で建築を学んだ後、南カリフォルニア大学のワークショップで映画制作を学ばれ、2001年、ショートフィルム産業の確立を目指すプロジェクト「マックスコアルームプロジェクト」を設立。札幌市のクリエイター支援施設インタークロス・クリエイティブ・センターを拠点に活動を本格化させ、ショートフィルムの他、ミュージックビデオやショートドラマなど短編を中心に個性的な作品を生み出すとともに、2002年からはオリジナル映像教育教材の開発や、小中学生を対象とした映画制作体験授業など映像教育の活動もされています。2012年にはヨルダンで行われたプロデューサーワークショップに参加し、ハリウッドのプロデューサーらからプロデュースを学ばれています。同年、Asia Film Academyが選ぶアジアの若手監督24人に選ばれ、釜山で行われた国際共同制作では監督を務められるなど国内外で活躍中です。 2001年に短編『Hands』でアメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル入選をはじめ、2003年に短編『6:00PM』でカリフォルニア・インディぺンデント・フィルムフェスティバルで日本人初となる部門グランプリ、2009年には北海道大学の銀杏並木を舞台とした短編『銀杏の樹の下で』でメキシコ国際映画祭の最優秀外国映画賞、2011年にはタイの国際短編映画祭9FilmFestでグランプリと最優秀主演男優賞をW受賞するなど多数受賞されています。

審査員

今中 麻貴(いまなか まき)氏

(フリーアナウンサー)

北海道小樽市生まれ。
小樽潮陵高校、藤女子短大国文科卒業後、1986年、札幌テレビ放送(STV)にアナウンサーとして入社。「ズームイン!!朝!」の北海道担当キャスターや「ジャンプワールドカップ」リポーター、インタビュアーなどで長年にわたり出演。平成4年度NNSアナウンス賞テレビ部門優秀賞受賞。1996年公開の映画「ガメラ2レギオン襲来」では、札幌のアナウンサー役として出演されています。1997年札幌テレビ放送を退社後は、東京を拠点に、フリーアナウンサーとして、日テレ「ズームイン!!SUPER」や「ズームイン!サタデー」に10年ほど出演。
その他、TBS「見ればなっとく!」、テレビ東京「火曜イチバン!」リポーター、テレビ朝日「セレクションX」ナビゲーターなど様々な番組に出演されていて、現在もフリーアナウンサーとして活躍中です。ここ数年、毎年、東京と札幌のホールにて、自身の朗読会も開催されています。

星澤 幸子(ほしざわ さちこ)氏

(クッキングマイスター)

北海道南富良野町生まれ。
星澤クッキングスタジオ・星澤フードサービス主宰。
日本初のワイド番組「どさんこワイド179」「奥様ここでもう一品」に毎日生出演し、料理を紹介して28年、紹介数は6900(2019.7現)品余にのぼる。
それによるギネス記録保持者であり、自己の記録を更新中。
北海道の食材にこだわり、誰にでも作れる手軽な料理を紹介して独自のスタイルを確立し、幅広い年齢層に絶大な支持を得ています。笑顔と軽快なトーク、明るいキャラクターが受け、NHK「あさイチ」や日本テレビの「全国女子アナNG集」、「鉄腕DASH!」、「火曜サプライズ」「有吉反省会」「秘密のケンミンショー」にも出演し全国的にも活躍の場を広げています。現在、出演テレビの料理コーナーは再編集され日本全国・アジア各国でも放送中。料理本、エッセイなども多数出版されています。

 

撮影を希望される方

ご協力いただける方